魔術コンシェルジュ

ブログ

ホーム > ブログ > 雑感・その他 > 1000年以上効く施術を受ける方法とカルマ

1000年以上効く施術を受ける方法とカルマ

2020.08.27 雑感・その他

魔術コンシェルジュ所属魔術師の橘尊行です。

前回はアチューンメントについてお話しました。

今回は1000年以上効く施術についてお話しましょう。

願望実現や引き寄せのためには、潜在意識を書き換えないといけないということは、このブログで何回かお話ししているとおりなのですが、「潜在意識に問題がないはずなのに願望実現も引き寄せも起きない」というケースも一定数あります。

この場合、カルマが原因である可能性が考えられます。

「潜在意識は顕在意識よりはるかに強力」という話をこのブログでも何度かさせていただきましたが、カルマはその潜在意識よりさらに強力になる可能性もあります。

まずはそのカルマに迫ってみましょう。

 

カルマが蓄積されるメカニズム

大前提としてカルマとは何かといえば、現世のみならず、その人の魂が何回も転生したその過程で積み重ねたすべての善行悪行を記録した膨大なデータ群のようなものです。

仏教的に言えば六道(天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道)を順繰りに輪廻転生してるわけですから、それに対応する期間で考えるとどれだけ短くても数千年、普通に考えれば数万年、場合によっては1億年以上というレベルになります。

すなわち、われわれ人間全員の魂には気の遠くなるほどの長い期間にわたって蓄積した無限とも思えるほどの膨大な善行悪行のデータをすべて収納した超大容量ハードディスクドライブが設置されているわけです。

単純なデータ量だけで言えば潜在意識なんて軽く凌駕してるわけですので、先に述べた「カルマは潜在意識より強力である可能性」の根拠はここにあります。

 

超大容量ハードディスクドライブの正体

人は善行悪行をすれば、潜在意識にそれが記録されます。

善行悪行と書くと「実際にやったこと」のようなニュアンスと受けとれますが、実際は仏教的には「言ったこと」「やったこと」「思ったこと」すなわち身口意(しんくい)すべてがこれに該当するとされます。

余談ですがこの身口意のうちとりわけカルマの質として悪いのが「意=思ったこと」であると言われます。

われわれが呪いの依頼を断っている理由の一つに、人を呪おうとするような最大級に質の悪いカルマを現在進行形で製造中の人にはそもそも近づきたくないし、ましてやそれに手を貸して共犯になるなんてもってのほか、という事情があります(笑)

いずれにしても、これら潜在意識に送られた身口意データは、さらに深部に潜って行き、やがて潜在意識のさらに下部すなわち魂に相当する部分に到達し先述の超大容量ハードディスクドライブに転送されます。

実はこの超大容量ハードディスクドライブに当たる部分が、魂部分に位置する阿頼耶識(あらやしき)と呼ばれる代物です。

阿頼耶識に悪いカルマすなわち悪因のデータが蓄積されていれば、いつかは顕在化して悪い結果すなわち悪果をもたらします。

これが悪因から悪果に至るプロセス、つまり因果応報のメカニズムですが、阿頼耶識という潜在意識のさらに先の魂を経由していることからも分かるとおり、悪因である悪行が記録された時点から具体的な悪果として現れるまでには「一定のタイムラグ」が発生することがよくあります。

その「一定のタイムラグ」は数日や数か月程度であることもあれば、かなりの長期間になることもありえます。

つまり記憶領域が魂である以上、仮に悪行をしてその人生の間に悪果が返って来なかったとしても、同じ魂であり続ける限り転生先で悪果がもたらされるというわけです。

この理由で、「今苦しんでる原因のカルマが実は数千年前の悪行が時空を超えて今の自分に降りかかっている」なんていうことが普通にあります。

「人格は素晴らしい人なのに、人生はかわいそうになるくらい不幸の連続」という人がいる一方、「人格が最悪で人に迷惑をかけてばかりいるのに、最高に恵まれた人生」という人がいることは一見理不尽に見えますが、この現世だけで完結しない因果応報のメカニズムを知っていれば、「そういうこともありうる」ことがお分かりいただけるかと思います。

また阿頼耶識なるハードディスクは、実は一部がクラウド化されています。

要は阿頼耶識は潜在意識のさらに下部にあるということは、位置的には集合的無意識にかかる部分というわけです。

こういった背景で阿頼耶識には「他人、とりわけ身近な人とは阿頼耶識を一部共有する」という変わった特徴もあり、実際この理由で「肉親の悪行が子どもに降りかかる」ということもたまに起こります。

お父さんの女遊びが派手でお母さんを泣かせてばかりという家庭に育った女の子が大きくなっても結婚相手に恵まれない、というケースを何例か拝見したことがありますが、これは分かりやすく父親のカルマが娘に出ている事例と言えるでしょう。

親子とはいえ何の落ち度もないのに責任だけ回ってくるわけですから理不尽極まりない話ではありますが、阿頼耶識とはそのような仕様で出来ており誰もそれから逃れられない以上、それも現実として受け止めなければなければなりません。

さらには「カルマには個人のカルマのほかにも人類全体のカルマもある」とも言われますが、阿頼耶識が集合的無意識に位置することを考えれば、さもありなんと思えます。

 

カルマ解消と魔術

以上の理由により、「何をしてもダメ」「誰に頼んでもダメ」、こんなときはこういったカルマによる因果応報を疑ってみた方がいいかも知れません。

では「カルマなら魂の宿命なんだから、黙って受け入れるしかないのか」と言われると、決してそんなことはありません。

カルマに苦しむのが自分の宿命なら、その宿命に堂々と立ち向かいそれを克服すればそのカルマを解消したことになりますし、そこまで果敢な行動を取らずとも善行を積めば悪行と善行の相殺効果によって克服ないしは希薄化させることも可能です。

魔術によりこの阿頼耶識にアクセスすればとてつもなく長い期間積みあがったカルマのうち「今現れているないし現れ始めてるカルマ、近いうち現れそうなカルマ」を優先的に消すことで今の状況を改善することは可能ですし、結果的に大部分のカルマを消すことも出来ます。
(われわれの講座で言えば、【現代魔術応用講座】浄化と因縁解消、【現代魔術奥義】除霊と結界の両方修了で会得可能です)

これは本来、今世~来世(またはそのさらに先の未来世)で解消すべきカルマをすべて今世で解消するわけですから、その効力は軽く1000年以上は恩恵に与ることが出来る内容の施術と言えるでしょう。

このブログをご覧のみなさんにおかれましては、阿頼耶識について理解したら、ついでに現世利益だけでなくその先の利益を考えた施術も受けるとよいでしょう。

今カルマでお困りの方、カルマ解消の技術を会得したい方、そして1000年間の幸せをお求めの方、魔術コンシェルジュにお任せください!

 


◇魔術のご依頼はこちらより承ります
https://wit-concierge.com/#reservation

◇魔術を習いたい方はこちら
https://tsuku2.jp/events/eventsStore.php?scd=0000095073&oc=0002

◇お問い合わせ先
電 話:080-3086-5644(受付時間:平日12 時~ 21 時、施術中は折り返します)
メール:faq@wit-concierge.com
※ご質問・ご意見・仕事の依頼・特殊案件の見積もりなど、気軽にお問い合わせください